肩関節の運動(上肢の運動)

2.どのような運動があるのですか?

 

● 肩関節の運動
 

肩関節は身体の中で一番大きな可動域を持っています。肩の動きが制限されると衣服を着たり、入浴の際に身体を洗ったり、整容動作などに支障を来します。ここでは手を前に上げたり外に広げたり、肩をまわす運動が大切となります。日常生活の中では大切な動きの一つです。十分な動きを得るようにしましょう。
 

 

手を組んで肩を上げる運動

〈手を組んで肩を上げる運動〉

 

  1. 体の前で手を組みます。
  2. 両手を一緒に少しずつ上げていきます。

 

 

肩関節の運動

ポイント

上半身を後ろに反らさないようにしましょう。(反らすと十分な肩関節の運動になりません)
肘が曲がらないように注意しましょう。
 

 

手を外に上げて肩を動かす運動(タオルを用いて)

  1. タオルの両端を持ちます。
  2. 片方の手で外側に引き上げるようにタオルを引っ張ります。
  3. 引っ張られた側の肩を外から上へ動かすようにします。
  4. 左右の方向を換えて行ってみましょう。

 

ポイント

ポイント

手は真横から上げるようにしましょう。
身体が横に反らないようにしましょう。

 

 

肩をまわす運動(手を組んで頭の後ろ、背中にまわす)

  1. 手を組んで頭の後ろにまわします。
  2. 肘を広げるように動かしてみましょう。
  3. 次に、手を腰の後ろにまわして組んでみましょう。

 

 

ポイント

ポイント

痛みを伴う場合は無理をせず、できるところまででよいでしょう。
 

関連情報